「覚えやすく、学びやすい、ソムリエ試験対策問題集 2021年度版」

「覚えやすく、学びやすい、ソムリエ試験対策問題集 2021年度版」
CBT方式に勝つ!受験のプロが分析した出題高確率の1200問

毎年、受験生のみなさんに「例の1200問」の呼び名でご活用いただいている、問題集の2021年度版が間もなく書店店頭に並びはじめます。
2021年度版は、「2021 日本ソムリエ協会 教本」に完全準拠し、昨年度の内容をすべて見直し、更新、そして新問題を加えた内容となっています。
今年資格取得を目指すみなさんは、どれくらい学習が進んでいますか?
そろそろ、学習のペースやご自分なりの学習方法がわかり始めてきたころではないかと思われますが、今後それぞれの学習を進めていくうえで「過去問」や出題傾向は重要なポイントとなります。
ぜひ、この問題集をご活用いただき、1次試験を突破してください!

【柴田書店・故吉田直人さんへ感謝をこめて】
私たちの3冊目となるこの問題集は、2019年度より「食の総合出版社・柴田書店」から世に送り出していただいております。
柴田書店については、この資格を目指し、飲食業界に携わっていらっしゃる方は、知らない方はおそらくいらっしゃらないかと思います。「月間食堂」「専門料理」「Café & Sweets」などの雑誌から、各国料理の専門書・実用書など、プロの仕事を支える出版社です。
そんな出版社から私たちの問題集を刊行できることになり、2冊目、3冊目と重ねるほどに受験生からも支持していただけるようになったのは、ほかでもない、吉田直人さんのおかげです。
残念なことに3冊目の刊行を前に、永遠のお別れの日が訪れてしまいました。

出会いは、2018年。ワイン好きでもいらした彼が、私たちの「問題集」の内容に興味を持って下さり、「ワインのプロ」を目指す方のための出版に向けて大きく動き出しました。
吉田さんの鋭いこだわりは、時に厳しくもありましたが、そのこだわりがなければ中途半端な内容になってしまっていたかもしれません。
「この本がなければ、合格できませんでした」、「ワインスクールのない地方では、この問題集だけが頼りでした」など、全国からの合格者のメッセージを共に喜んでくださいました。
2冊目の発刊間近のある日、彼が病に冒されたという報を受け取りました。

そして2021年1月、最後まで積極的に仕事に取り組まれ、数々の書籍を世に送り出した後に旅立って行かれました。
いつもご指導いただいてばかりでしたが、ひとつだけほめていただいたことがあります。それは、巻頭の「はじめに~本書の使い方」の部分です。「藤代さんがご自分の言葉で書き上げてください」との言葉に、緊張しながらも主人と相談しながら書き上げました。吉田さんは、「藤代さん、いいじゃないですか!さすが、普段生徒さんに教えていらっしゃるだけに熱量が伝わります」と。

吉田さんは、「僕、受験したら合格できそうな気がする」と笑っておっしゃるほど、この問題集にご尽力くださいました。
「フードコーディネーター教本」編集のご担当でもあり、資格取得について深い理解があった彼と出会えたことは、私達にとりまして宝のようなことです。
そして、温かいお人柄の丸田祐さんに後を引き継いでいただき、無事に2021年度版が世に送り出せることになりました。この問題集が多くの受験生のチカラになることと、天国から「藤代さん、いいじゃないですか!」と言っていただけるように、これからもあたふたとしながらも、しっかりと受験生のサポートをしていきたいと思います。

吉田さん、ありがとうございました!

関連記事

  1. 2021年度 ソムリエ・ワインエキスパート 試験案内発表!

  2. 2020年 新年がはじめドキ!

  3. 終了いたしました!~ソムリエ3次試験お疲れ様でした

  4. 例の問題集が発売になりました!

  5. 合格者の声をアップしました!~現役客室乗務員さんの巻

  6. 2021年度2次試験対策のお知らせ